株式会社メッツは、医療機器・医療材料、医療機器関連製品の輸入・製造・開発・販売業者です

DI-ARC 運用イメージ

HOME > 製品情報 > 手術器材滅菌・洗浄管理システムDI-ARC > DI-ARC 運用イメージ

DI-ARC 運用イメージ

手術器材滅菌・洗浄管理システムDI-ARCは、コンテナ・バスケットに取り付けた滅菌対応タグの情報を、必要経路各所のRFIDリーダライタで読み取ることにより、実施入力の手間を最小限化したトレーサビリティシステムです。

DI-ARC運用イメージ

 

滅菌対応RFIDタグ(ICタグ)

固体識別を行うデバイスとして、バーコードではなく、滅菌対応のパッシブ型RFIDタグ(ICタグ)を採用しています。
バーコードでは情報を入力(読み取る)際に、バーコードラベルを探してスキャンする必要がありますが、RFIDタグでは大量の対象を一度に、かつ無意識に入力することが可能です。入力に関する手間を省き、作業者の負担を軽減します。
また、パッシブ型のRFIDタグはタグ自体に電源がなく電池が不要なため、低コストで使用することができます。

据置型RFIDリーダライタ(アンテナ/ゲートタイプ)

コンテナやバスケットが移動する経路上にゲートタイプのRFIDリーダライタ(アンテナ)を設置することにより、手術器材の位置を特定します。
院内スタッフが物品の移動を意識せずに移動履歴を記録するため、移動に際しては従来の業務を変更せずに導入することが可能になっています。

ハンディ型RFIDリーダライタ
ハンディ型RFIDリーダライタ

据置型のRFIDリーダライタ(アンテナ)の設置が不向きな場所での実施入力には、ハンディ型の入力ターミナルを使用します。
ハンディ型は、RFIDとバーコード双方が読み取れるハイブリッドタイプとなっており、様々な仕組みに対応ができます。

Androidモバイル端末
Androidモバイル端末

手術器材のトレーサビリティーでは、最終的に『いつ』、『どの器材』が『誰の手術に使用されたか』までを記録する必要があるため、最終的には手術室内での実施入力が不可欠となります。
DI-ARCでは、各手術室内に可搬型のモバイル端末を導入し、現在の手術に使用されている器材のリストを表示するとともに、システム内部で滅菌期限チェックを実行し、警告表示を発することが可能となっています。

※「Android」はGoogle Inc.の商標または登録商標です。

医療器具UDIサービス

医療器具の固体管理を行う、三井情報株式会社の【医療器具UDIサービス】との連携で、手術器材個別のトレース管理が行え、完全なトレーサビリティを実現します。

医療器具UDIサービスは、DI-ARC運用イメージ図内“MKIマーク”がある『回収』・『組立』時に、医療器具一つ一つに刻印された二次元バーコードの情報を超高速リーダで読み取り、使用回数・滅菌回数を登録、固体の各種管理を行います。

メンバーズクラブ、カタログダウンロード、お問い合わせフォームは下記ボタンよりお進み下さい。

Copyright (C) METS INC. All Rights Reserved